そうね世の中お金に困っている人はワンサカいるのだから、自分だけじゃないんだけれど、

でも困っている人って自分だけが困っているんだと思い込んでる気がするんです。



貧乏へのスパイラルって何かの本の題名にもなっていたのか、それとも誰かのブログとか、

何かで読んだ気がします。

自分は墓地の傍に家があって、朝起きて窓をあけて墓地を眼下に見下ろす形になり、一日が始まるのです。

この家を建てて、入居してまもなくの頃、親戚の結構宗教にのめりこんでいる人が居て、その彼が言うには、墓地にはいろんな人の魂がうろうろしているそうなんです。だから、墓地の傍に住んでいる人は、その人の生活の仕方、考え方によって非常に不幸になったりもするし、逆にお金持ちになったり、又何事も平均的な暮らしで、一生を終えてしまう人も居るというのです。



その理由としては、例えば読書が好きな人ならばとトコトン本を読んで読んで読みまくっていると、本好きの魂が寄ってくるというし、音楽が好きでピアノ教室を開いたら、ピアノ好きの魂が沢山集まってきて、お教室を応援するというのです。なるほどと思いました。



其れならばその逆もありと言うことになる訳で、怠け者の人のところには、怠け者の魂が集まってきて、ドンドン怠惰な生活を助長させようとする訳です。だからとんでもない人間になってしまうこともあるわけです。



そんなことから察していくと、貧乏になっていくというのは、我が家の様にお金がないないと嘆いてばかりいるから、同じような魂が家の中ない入り込んで、よりお金に困るように仕向けていくのかも知れないという事になる訳です。



此れはたしかに魂にも善人悪人の区別があるかもしれないというのは良くわかります。



生身の人間社会に有ってこその善人悪人だろうに、と思うのがゴク当たり前の考えだけれど、

どうしてもお金に困るってことから抜け出さないときには、「困るといった思い」を一端、頭から追放してやるのも良いかもしれないと、墓地と魂と人の気持ちの組み合わせから想像してみるのも、一寸したコツになるかもしれないです。

かなり遅いパソコン導入

やっとパソコンが仕事場に導入することが決まってとても楽しみです。

パソコンってもうほとんど企業では、存在して当たり前の物だと思うのですが、私の会社はITに関する知識が深い方が一人もいないため、パソコンを使用するよりも紙とペンで書く方が早いと本気信じている人がほとんどでした。

そのため、パソコンには誰も興味がなく、私一人で6年間ひたすらパソコンを導入するように上司に詰め寄っていたのですが、最近お客さんの要望がとても細かくなってきており、長時間の残業を余儀なくされる日々を送っていたので、私がもしパソコンを使用することができれば定時に帰宅することができると言い続けた結果、テスト的にパソコンが導入されることとなったのです。



パソコンというのは、最初は打ち込みという作業があり、とても大変ですが一旦データさえ打ち込んでしまえば後は簡単にその情報を探すことができるという点と、一度書いたデータはもう二度と同じことを書かないで済むというメリットがあります。

これを利用することで同じことを違う用紙に何枚も書くという不毛な作業せずに済むので作業がとても楽になります。本当にもううんざりだったので、このパソコン導入には歓喜するばかりです。

しかし、それを他の人が受け入れ、パソコンを使用するようになるかというとそれは疑問です。なぜならばパソコンというのはブラインドタッチができなければ相当作業に支障が出ると思うからです。年齢が高齢になっている上司には、とても使いこなすことは難しいだろうと思いますが、次から入社する若い方達のためにもここはがんばってパソコンの本格導入させるところまで持っていきたいと思っているのです。会社の社長はあまりお金がないので大変だと思いますが、思いきってIT環境への投資を進めてほしいと願っています。

会社を黒字化させるためにはもはやパソコンが不可欠な時代だと思うので一生懸命IT化を進めて行こうと思っている今日この頃です。
冷蔵庫の食材が結構痛んでしまっている。

その原因が私にあるのは明白だ、スーパーで買い物をし過ぎてしまってこんな初歩的な失敗をしてしまうなんてどうかしている。



パンパンになった冷蔵庫の中の食材を処分していると、たまらなく空しい気持ちになるものだ。



何でもかんでも安いからといって、割引きされているからといって購入しても捨ててるんじゃ全く意味が無い。

もっとお金と、食材を大事にしないと社会人としては話にならないだろう。



これからは気を付けよう。

我が家の家計簿

私の趣味の一環として家計簿をつけるというのがあります。

かれこれ15年ほどになるでしょうか?

もともと商業高校の出身だというのもあって、楽しんでやっているというのもあります。

買い物に行ったら必ずレシートをもらって帰るというのは当たり前のことで、レシートをもらえないのは頭で覚えておいて、帰ってから必ず記録するようにしています。

そして電気や電話だいなどの領収なども全部とっておいて張り付けるようにしているのですが、ある時期にどのくらいたくさん使ったかというのを年間を通して知る事ができるので、とてもいいかんじです。

もちろん銀行での引き落としになっているのですが、その金額だけが問題でなくて電話代だとするとその明細が問題になってきます。

たまにテレビで何かを購入したりするときもあったり、海外にも電話をしたりする機会があったりなどと市内と市外の電話をしている割合などを見たりもしています。

その他には、スマホで子ども達が余計なお金を失敗して使ったりもしているので、チックは必ずしないといけないものです。

その他としては、うちは事業のような感じの仕事であるので、借金なども結構あります。

お金が入ってくるのが流動的なので、普通のサラリーマンのように安心して暮らせるという感じではありません。

年間に作り出して借金を払わないといけないお金を1月には計算しないといけないし、保険なども一括して払っているのでその計算などもして、収入があったとしても喜んで使うわけにはいかず、支払いを計算してとっておかないといけません。

それで年間の支払いと共に、ローンなどはその表なども作って、払うたびごとに色を塗ったりしていつ終わるのかハッキリとさせていないと私の性格上気に入らないという感じです。

それプラス、月ごとに通帳の内容も別に記帳をして流れを見ています。

現金での収入と、銀行での収入がある我が家にとっては両方の帳簿が必要になっていて、それぞれを照らし合わせて一ヶ月の状況をみています。

そういう事をしていると家庭でなく小さな会社のようです。

中国風なおもちゃの刀

こないだ神戸の中華街でおもちゃの刀を購入しました。これは見た目がカンフー映画で使われてもおかしくないほどクオリティ高いのに値段が350円なのでびっくりして購入しました。



好好というお店は中華街にある激安雑貨ショップで刀以外にも孫悟空の服とかパンダグッズも多数取り揃えておりかわいい中国のお姉さんがショッピング店員です。



さてこのおもちゃの刀も活用せねばと思っています。さっそく今週の倉敷朝市で、この刀を使って剣舞なんかしてもいいかと想像中の私です。
お金が無い時に見栄を張ると後々自分の首を絞める事になりやすい。



お金が無い時って外出しても気持ちに余裕が無いので友人や恋人の前でついつい金銭面を気にしてしまって楽しめない事ってあると思うんです。



遊ぶのは確かに楽しいし、デートは二人にとって大切な時間。



それは分かるけど、無いものはないんだからそんな時には正直に言おう。



給料日前で辛いから行けないんだ、とか今月は出費がかさんでもう余裕が無いんだ、とか。



どうしても無理な時はある。

見栄を張ってそわそわしたデートをする位なら最初に言っておくのもまた勇気の一つではないだろうか。

家族でレジャープールへ

連日うだるような暑さ。家族でレジャープールへ遊びに行った。

駐車場代や家族4人の入場料で1万円近い出費だが、娘たちの笑顔には替えられない。

ただ、プールに限らず、娘とお出かけ際の夫の無駄遣いっぷりは目に余るものがある。

「黄色のゴーグルが欲しい」と言われればホイホイと買ってやる。たぶん、「もうピンクの持ってるから我慢しようね」などと却下すればギャーギャーと泣き喚かれるので、買い与えたほうが楽だからそうするのだろう。際限なしに甘やかす祖父母と同じような短絡的なやり方でイライラする。娘も心得たもので、私には言わず夫にねだる。

1日1500円で貸し出しされている大きなバナナボートを見つけた娘が「乗りたい」と騒ぐ。

夫はまたホイホイとレンタルする。水に浮かぶという目的は持参した浮き輪で充分果たせるのに、だ。

結局ゴーグルはピンクのほうが付け心地が良かったらしく、黄色はろくに使わずじまい。バナナボートも1度転覆したきり泣いて挫けてすぐ乗らなくなった。

アイスが食べたいと言えばすぐに買ってやる。娘がねだったのはディッピンドッツで、これが地味に高い。しかも本日3個目のアイスだ。夫は、虫歯がどうとか糖分のとりすぎがどうとかは全く考えない。嗜めて泣かれるのはご免で、ただただ娘の満足げな様子を見たいがために買い与える。
風俗 お金借りる

みやげ物店で娘は、もはやプールとはなんの関係もない子供用アクセサリーを欲しがった。ティアラとネックレスとブレスレットを買ってお姫様ごっこをしたいと言う。すぐ飽きるんだから要らないと言う私に対し、夫はPOPにつられ「3点セットだと2割引だから」と3つのアイテムを携え娘とともにいそいそとレジへ向かう。買わなければ10割引きだよとつっこんだが夫は聞く耳を持たない。

下の子は言葉がおぼつかないので、まだ、物が欲しくて駄々をこねたりはしないが、数年後はダブルでおねだり攻撃を浴びせ、その度に夫が陥落するのかと思うとゲッソリだ。

家計を預かる身としては、こういう甘やかしによる浪費は悩ましい。親なんだから少しは言い聞かせる努力もして欲しいと切に思う。
最近は梅雨の季節のためか雨に見舞われることも多く、私は以前勤め先の会社に向かうときにその雨に散々な目にあってしまいました。

朝起きたときに目覚ましで起きられずに少し遅めに起きてしまったのです。そこであわてて仕事の準備をして外に出ると土砂降りなのです。もうその時点でテンションも急降下です。ですが電車に乗り換えて向かうほどの時間もなく、いつもは雨の日は少し早めに出て電車に乗っていくところを傘をさして自転車で会社に向かうことにしたのです。



すると土砂降りが横殴りになってきて傘をさしても意味をなさなくなってくるほどに雨が降り、会社についたころにはびしょびしょに濡れてしまっていました。その後ぬれた服を乾かすこともできず、座った席ががんがんにクーラーが効いている席だったのでそこで風邪をひいてしまったらしく、悪寒が止まらなくなりついに早退することにしたのです。



私の会社は時給制なので働かない分は給料も発生しません。そこから二日休んでしまうことになったのですが、それは生活費にとって相当の痛手になりました。しかも今月は会社も閑散期でもともと仕事量が少なく勤務時間も短かったにも関わらず二日も休んでしまったのでおそらく来月の給料は壊滅的になることが予想されています。



ですが私には救いの手がありました。自宅でウェブライターの仕事をいただいて副業として作業していたので、今月はその作業を必死にやって追いつければ何とかなるかと考えています。ですがもともと体調を崩して休んでいたため、作業をする体力がそもそも残っていませんでした。なので会社の休みの日にしか作業をしていなかったのですが、最近では会社から帰ってきてすぐにパソコンをつけ、食事をデスクで取りながら仕事をしているような日が続いています。こんなとき、実家暮らしだとどれだけ楽だったかと思い知らされます。ですが副業があったからこそ挽回ができるというのは私にとって不幸中の幸いといえます。
銀行のカードローンは、急な出費に備えて持つか、まとまった支出がある為に作るのが一般的ですが、す

でにある、複数の借り入れを一本にまとめたり、より金利の低いローンに乗り換える為に、カードローン

を作ることもあります。

カ―ドローンは、教育ローンや自動車ローンとは違い、使い道が自由なフリーローンですから、借金の借り換えに使っても問題ありません。

消費者金融の金利が高かったころから、その残債を借り換える為に、銀行カードローンを申し込む方はい

たものです。

今はそれが商品化されたり、「貸金業法に基ずく借り換え専用ローン」として出てきています。

借り換えやおまとめ向けに造られているカードローンの中には、複数の借り入れをまとめられるように、

利用上限度が500万円で可決されるものもあるようです。

しかし、まとめなければならない、借り入れが400万円も500万円もあるような方に、銀行や実質的

な審査を行う保証会社が、極度額が大きなカードを救済的に発行してくれることは、ありませんので、年

収に基ずいた審査によって、返済能力に見合った極度額が設定されます。

一般にカードローンというのは、初めての方には、大体10万円~30万円までのローンカードを発行す

ることが多いわけですが、おまとめや借り換えとなると、初回でも100万円以上の希望額でカードロー

ンを申し込むことも少なくないのです。当然ながら、その分申込者の年収や返済状況が、より厳しくみら

れることになります。
消費者金融のカードローンに申込むと必ず審査を受けることになり、過去に返済事故があると審査に通らなくなります。そのため、電気・ガス・水道代などの公共料金を滞納した経験のある人には「審査に落ちる?」と不安を抱く人がいます。

しかし、公共料金の支払や税金の納付を延滞したからといって、カードローンの審査に影響することはありません。カードローンの審査では指定信用情報機関に保管されている個人の信用情報が必ず照会されますが、指定信用情報機関に登録されている情報はカードローンやクレジットカードの利用に関する記録だけであって、公共料金や税金の支払いの履歴は管理されていません。従って、公共料金や税金の支払いを未納していたとしても、消費者金融は関知できません。

ただし、公共料金の支払いをクレジットカードで決済している場合に滞納すると、その記録が消費者金融に把握されてしまいます。つまり、公共料金の決済日に引き落としができないということはクレジットカード代金の未払いと同じ扱いになり、3ヶ月以上支払いが滞れば返済事故情報として指定信用情報機関に登録されるからです。

なお、気を付けなければならないのが、携帯電話やスマホの端末代金の支払いです。電話料金も電気代や水道代と同じく滞納したとしても電話が使えなくなるだけで、そのことが消費者金融に知られることはなく、審査にも影響しません。(ただ、カードローンの申込内容の確認や、審査結果の連絡などに電話が必須の場合は利用できなくなる可能性があります)

ところが、電話料金の中に端末代金の分割払い分が含まれていると、クレジットカード代金における未払いと同じ結果になります。電話の端末代金は一括でも分割でも金額に変わりはないため、分割払いで契約しがちであり、端末の分割代金を毎月の電話回線の利用料金と一緒に支払うのが一般的です。

分割払いにするとクレジットカードの申込と同じように、端末のキャリアやキャリアの提携先である信販会社が審査を行います。そして、契約が締結されるとその契約情報や利用者の個人情報、返済情報、事故情報などの記録が指定信用情報機関に登録されます。従って、端末代金を3ヶ月支払わなければその事故情報が指定信用情報機関に登録され、消費者金融にその情報が伝わることになり、カードローンの審査からオミットされることになります。

ちなみに、電話の回線料金と端末代金は合算して請求されるため、回線料金は未払いにしておいて、端末代金だけを支払うなどということはできません。